私は学生のころ、サッカー部に所属していて毎日泥にまみれてサッカーをしていました。

中学からはじめてとてもうまいとは言えませんが、とても大好きで、自分なりに一生懸命やっていました。

進学した中学は高校と付属になっていて、県内では強いチームでした。

一年の頃はもちろん試合にもでれませんし、出れるとも思っていませんでした。

二年生になって、Aチームに入れる事も出てきました。そして、春休みに遠征することになって、自分もメンバーに選ばれました。もちろん選ばれたメンバーのなかで、一番下のレベルです。

とにかくうまいひとばかりで緊張してました。

そしてスタメンのメンバーから外れてベンチで試合を見ていました。

その相手チームにとてもうまい人がいて、自分のマークしていた人がどんどんやられてました。なのでやられていた自分のチームの人が交代して、違うと選手が入りました。しかしその選手もどんどんやられていきました。そして監督が僕に向かって「お前はあの選手を止めれるか?」と聞いてきました。まさか声がかかるとは思わなかったのでつい「わかりません」と答えてしまいました。

この一言が失敗ですね。

もちろん監督からは「じゃあいい」という一言。

僕はチャンスを逃してしまったわけです。

張ったりでも、できます!や、頑張ります!など言ったら試合に出られたかもしれません。

しかしビビって、失敗するリスクが怖くて逃げてしまったんですね。

もし試合に出てボロボロにやられても、いい経験になったはずです。

また一つ大きくなれたはずです。

後悔ですね。

しかしそんな経験をしたからこそ、今は失敗するとか、リスクがあるとか思っても飛び込んでいけるメンタルになったと思います。