多種多様な現代社会でこれから生きていく若い人たちに心にぜひ留めておいて欲しいことは、日本国内だけにこだわらず世界に視野を広げて、大きく羽ばたいていって欲しいという事です。
日本はまだまだ保守的な考え方が根強いと思います。子どもの頃から集団からはみ出さないよう教えられてきて、エスカレーター式に大学まで進み皆んなと同じように就職活動をして、周りの歩調に合わせながら会社で勤続年数を積み、結婚をして子どもを育てて家庭を築いていくのが一番幸せだと刷り込まれている気がします。もちろん周囲との協調性を取る事も大切なことですし、会社に勤め子どもを持って親になる事も幸せな人生ではあります。
しかし少しでもその毎日の生活に疑問を持ったり、自問自答していく中でもっと自分の力を試したい、もっと広い世界で多面的に生活をしてみたい、と思うときがあれば是非日本を飛び出して一度世界を見てみてください。
今まで親の元で学費や生活費を出してもらっている状態では海外へいくという選択肢はなかなか難しかったかもしれません。しかし社会人として親からも自立し、自分1人の力で生活していくこれからの皆さんは自由に自分の方向性を決める事ができます。もちろん自由には責任もついてきて、自分でお金を貯めて計画し自ら行動していく力も必要となります。海外で社会人留学をしたり、ワーキングホリデーをしたり、海外就職を目指すのも良いと思います。最初は数日の海外旅行から始めてみるのも良いでしょう。世界を知ることで自分の国日本を振り返ることにもなります。日本と世界、自分と世界と考える視野が広がり、性別年齢関係なく自分はどんな事を目指していきたいのか見えてくるはずです。
日本の技術力は世界トップレベルで、日本人の働く姿勢はいつも真面目で世界中どこへ行っても信頼され日本の良いところもたくさんあります。しかしながら、まだまだ世界へその日本の良さを発信するような活躍している日本人は少ないです。そんな素晴らしい人に若い人たちはなれるチャンスがたくさん転がっています。日本語以外の外国の言葉を習得したり、世界の異文化を許容するコミュニケーション力を養ったりと、世界と互角に生きていくには多くの努力も必要となります。若ければ若いほどその吸収力は高く、実行力もあるでしょう。もちろん若いとお金もなくて節約しながらチャレンジする事もあるでしょう。
これからの時代はもっともっとグローバル化が進んでいきます。その時に世界の人たちと繋がりのある人はどんどん必要となってくるでしょう。若い時代は後の人生の財産となります。チャレンジできるものはどんな事でもどんどん取り組んでいき、失敗を恐れずそれを糧にして、豊かな人間力をつけていって欲しいと思います。